つみたてNISAやiDeCoは今すぐ始めるべきなのか問題

金融庁が「老後の豊かな生活には年金以外に2,000万円が必要です」と発表し、一部では的外れな批判が飛び交っています。

報道についての是非はおいといて、金融庁は以前からつみたてNISAやiDeCoによる資産形成を促していますが、今回の発表でようやく重い腰を上げようとする人が増えるかもしれません。

しかし、誰もが今すぐこれらの制度を利用して投資を始めるのが良いのか…と言うと、必ずしもそうではないでしょうね。

スポンサーリンク

投資はやったほうが良い

先に言っておきたいことは、「投資はなるべくやったほうが良い」ということです。なぜなら、投資をしたほうが圧倒的に効率よくお金を増やすことができるからです。

多くの給料を貰い質素な生活で過ごせる人なら、ただお金を貯めるだけでも老後は心配なく過ごすことはできるでしょう。しかし、そんなことができる人が多くないのは明白ですね。

投資は効率よくお金を増やすにはうってつけです。

大卒で働き始めて65歳で年金を受け取るまでの約40年、貯金だけで2,000万円を貯めようと思えば毎月4万円ちょっとを貯め続けなければなりません。

しかし、年率5%で運用すれば毎月2万円でも約33年後には2,000万円になります。嘘じゃないです。

いやいや、そもそも投資をしたことがない連中がどうやって年率5%の運用ができるねんって思いますか?

実は、以前に比べて投資ができる環境がとても良くなっているので、現在なら誰でも年率5%くらいの運用はほったらかしでもできる可能性は高いのです。

具体的な方法は、米国株で配当を再投資していくことです。

これまでの投資リターンに比べて、年率5%は少し低めに見積もっているくらいですから、やはり投資はしたほうが良い!と思うのです。

投資を始めるのは生活基盤を整えてから

だからと言って、今現在で貯蓄がまったくない、毎月の生活でいっぱいいっぱいという方が投資を始めるのは危険ですね。

当然、投資は元本保証ではないので日々資産は増減します。

基本的につみたてNISAやiDeCoで運用する場合、資産はそれほど大きな変動をすることはありません。

ただ、万が一まとまったお金が必要になった場合、貯蓄がなく投資している資産を現金化しないといけないときに暴落時期が重なると一大事です。

暴落なんてそうそう起こるものでもありませんが、その可能性はゼロではありませんからね。

投資を始めるには、最低限ある程度の貯蓄はしておくほうが良いのは間違いありません。それがいくらなのかは人によりけりですが、生活費の数ヶ月分くらいが目安でしょうか。

また、つみたてNISAやiDeCoは毎月積み立てていくのが基本となるので、収入を使い切るような生活をしている人は、生活を見直す必要がありますね。

そんな余裕はない!と言う人は、自分の収入に見合った生活ができていないことがほとんどです。

世の中には、ミニマリストと呼ばれる必要最低限のものしか持たない、買わないという生活をしている人がいます。

極端な例もありますが、お金がないと嘆く人の多くは、生活に必要ないものへお金を使いすぎているのが原因でしょうね。

便利な世の中になり過ぎた弊害…と僕は思ってしまいます。ちなみに、僕は若干ミニマリストよりの生活をしているタイプです。誰が興味あんねん

とはいえ、多少の貯蓄さえできれば、それからは貯蓄と投資を並行して進めていくのが一番効率が良いかなとも思います。

そもそも、まとまったお金が必要になることなんて、そんなにないでしょうからね。その辺りの匙加減は、自分で判断するしかありません。

毎月1万円でも積み立てよう

とりあえず、どうにか投資ができる環境まで自分の生活を整えて、毎月1万円でも良いので積み立てる感覚で投資を継続しましょう。

先ほど、毎月2万円を年率5%で運用すれば約33年で2,000万円になると言いましたが、毎月1万円でも40年後には約1,500万円になります。

毎月1万円を40年間ただ貯金しただけなら、合計はわずか480万円にしかなりません。この差は余りにも大きいと思いませんか?

なぜここまで差が出るのかというと、運用することで「お金がお金を生んでくれるから」です。今の低金利すぎる預貯金では、お金はお金を生んでくれません。

当然、毎月投資する金額を増やせば将来の資産はさらに増える可能性は高いですし、投資にはそれだけの力があるのです。

余談ですが、僕には高校生の甥っ子がいて、お金がお金を生む仕組みを理解できるように、毎月お小遣いの一部を預ければ利息を付けるようにしています。

毎月1万円でもコツコツと長期に渡って運用を続けることは、いずれ自分の大きな財産になると信じ、頑張ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

投資はお金持ちがやるものと思い込むのは大きな間違いです。むしろ、庶民こそが資産を増やすためにやらなければならないくらい。

全くお金がない状態で始めるのはリスクが高いですが、投資をすることで得られる金銭的メリットは大きく、今の生活を見直してでもやるべき価値はあるはず。

僕が推奨している投資は、誰でも簡単にすることができます。しかも、つみたてNISAやiDeCoは一度設定をした後はほとんどすることはありません。

胡散臭いと思うかどうかはあなた次第。このブログの投資関連の記事も併せてご覧いただき、判断してもらえればと思います。

ちなみに、iDeCoは少額投資には不利な面や、原則60歳まで引き出すことができないため、とりあえず少額から投資を経験してみるならつみたてNISAから始めるほうが良いと思います。

おしまい。


シェアする

フォローする