【つみたてNISA】積立の間隔は毎日・毎週・毎月のどれが良い?!

つみたてNISAは証券会社によって積み立ての時期を「毎日・毎週 ・毎月」から選択できますが、どれを選べば良いか悩みますよね?

僕が推奨している金融機関のうち、SBI証券楽天証券はすべての期間を選択できますが、マネックス証券は毎月積立しか選択できないようです。

マネックス証券で運用していれば悩む必要もないですが、選択できるならどの間隔を選ぶべきなのかについて、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAの最適な投資頻度とは?

結論から言いましょう。

つみたてNISAのような長期投資において、投資(積立)のタイミングを計ることにほとんど意味はありません。短期売買はタイミングが重要ですが、長期投資でタイミングは投資リターンに影響がないことが証明されているからです。

しかし、敢えて言うならSBI証券なら「毎週」、楽天・マネックス証券なら「毎月」を選ぶのがお勧めです。それぞれの間隔によるメリットとデメリットを挙げておきます。

毎日積立のメリット・デメリット

毎日積立をすることは、「究極の時間分散投資」と言えます。

株価は日々変動するので、毎日積立なら突発的な暴落が起きたときに、安い株価で多くの株数を買うことができますね。株数を多く買えることで、その後に株価が上昇したときはリターンが一気に大きくなります。

しかし、毎日積立だと一回の買付金額は少ないため、良くも悪くも影響は少ないのでしょう。(暴騰した日にも買ってしまう)

楽天証券で毎日積立の設定している場合、休業日だとその日の投資が行われないようです。休業日の分だけ投資する額が減ってしまうことになるため、それが嫌なら手動で取引を行う必要があります。

SBI証券では前営業日に注文発注を行うようなので、問題はなさそうです。

毎日積立のデメリットは、取引の度に報告書がメールで届くのでメールボックスがパンパンになる…ということですね。(ほとんどないですが)重要なメールを見逃してしまうリスクもあります。

毎週積立のメリット・デメリット

毎週積立の場合、毎日積立に比べると株価が下がったときに買い逃す可能性がありますね。しかし、毎日積立より一回の投資額が多くなるので、タイミングが良ければ安いときにより多く買えます。

逆に、積立の設定をした日に株価が高くなったときは、ちょっと残念な気持ちになってしまう…かもしれません。

毎月積立のメリット・デメリット

月に一回しか投資を行わないので、たまたま買付日前後に株価が急上昇し、高値掴みをしてしまう可能性があります。その直後に大きく下がったりすると、なんでやねんッ!とツッコミを入れたくなってしまうでしょう。

買付日前後に大きく下がった場合は、毎日・毎週に比べて多く買えるので、それが続けば投資リターンは最も高くなる可能性もあります。

どれを選んでも大差ない

以上のように、積立の間隔が長いほど購入時の株価によってパフォーマンスに与える影響が大きくなる可能性があります。

しかし、20年も運用するならその影響は微々たるものなので、結局はどの積立間隔を選んでも問題ない…というのが結論ですね。

SBI証券で毎週積立をお勧めしたのは、手間やメンタル面を考慮して最も無難な間隔だと考えたからで、絶対にお勧めです!と強く言い切れる要素はありません。

楽天証券について

楽天証券では、楽天カードで支払いができるうえに、購入額の1%が楽天スーパーポイントとして還元されるため、かなりお得なシステムです。(楽天カードを持っている場合)

ただし、楽天カード決済を選ぶと積立間隔は「毎月」しか選択できないようになっています。そのため、楽天証券ならポイントを貰うために毎月積立がお勧めです。

まとめ

長期投資では投資をするタイミングがリターンに与える影響は少ないため、タイミングを計る意味はほとんどありません。

楽天ユーザーはポイント還元のメリットがある楽天証券を選ぶのがベストですが、そうでなければどの証券口座でどの積立方法を選択しても大丈夫。

それよりも、早く投資を始めて長く続けることが重要です。


こちらの記事も参考に!

投資のタイミングについてまとめた記事です。

米国株投資は買うタイミングを考える必要がない理由
株式投資をしたことがある人の多くは、売買のタイミングを計るのはとても難しいと感じているの...

投資は早く始めるほどメリットが大きくなります。

株式投資を始める年齢は早いほど良い理由
株式投資はお金持ちがやるもの、まとまった資金がないとできないなど、自分には関係がないと思...

シェアする

フォローする