【つみたてNISA】積立は毎日・毎週・毎月のどれを選ぶべきか?

つみたてNISAは証券会社によって、積み立ての時期を「毎日・毎週 ・毎月」から選択できます。

僕がおすすめしている金融機関は 「SBI証券」「 マネックス証券」「楽天証券」ですが、SBI証券と楽天証券では全て選択でき、マネックス証券は毎月積立しか選択できないようです。

つみたてNISAの口座を開設したものの、いったいどの間隔で投資をするのが最適なのかと悩む方もいるかもしれません。

そんな方に向けて、ここではつみたてNISAで投資をする間隔をどうするべきかをお話していきます。

スポンサーリンク

つみたてNISAの最適な投資頻度とは?

結論から言いましょう。

SBI証券で運用するなら「毎週」を、楽天証券・マネックス証券で運用するなら「毎月」とするのがおすすめです。

ただ、長期投資において投資(積立)のタイミングを計ることにほとんど意味はありません。

短期売買を狙う場合はタイミングが重要ですが、基本的に長期保有する前提ならばタイミングは投資リターンに影響がないことが証明されているからです。

一応、それぞれの間隔によるメリットとデメリットをあげておきます。

毎日積立のメリット・デメリット

SBI証券と楽天証券で設定できますが、毎日積立をすることは、究極の時間分散投資と言えます。

株価は日々変動するので、毎日積立なら突発的な暴落が起きたときに、安い株価で多くの株数を買うことができます。

株数を多く買えることで、その後に株価が上昇したときはリターンが一気に大きくなります。

ただ、一回の買付金額は少ないため、良くも悪くも影響は少ないと言えるでしょう

しかし、楽天証券で毎日積立の設定している場合、休業日だとその日の投資が行われないようです。

休業日の分だけ投資する額が減ってしまうことになるため、それが嫌なら手動で取引を行う必要があります。

SBI証券では明確な記載がないので、はっきりわかりません。現在問い合わせているので、詳細がわかれば追記します。

また、取引の度に報告書がメールで届くので、毎日積立をしているとメールボックスがパンパンになるのもちょっとしたデメリットでしょうか。

毎週積立のメリット・デメリット

毎週積立も、マネックス証券以外で選択することができます。

毎日積立に比べると、株価が大きく下がったときを買い逃す可能性がありますね。毎日積立より一回の投資金額が大きくなるので、タイミングが良ければ安いときにより多く買えます。

逆に、積立の設定をした日に株価が高くなったときは、ちょっと残念な気持ちになってしまう…かもしれません。

毎月積立のメリット・デメリット

月に一回しか投資を行わないので、たまたま買付日前後に株価が急上昇し、高値掴みをしてしまう可能性があります。

その直後に大きく下がったりすると、なんでやねんッ!とツッコミを入れたくなってしまうでしょう。

買付日前後に大きく下がった場合は、毎日・毎週に比べて多く買えるので、それが続けば投資リターンは最も高くなるかもしれません。

楽天証券を選んだ場合

SBI証券で毎週をおすすめするのは、手間やメンタル面を考慮して無難な方法だと思うからです。絶対におすすめです!とまで言い切れる要素はありません。

マネックス証券は、そもそも毎月しか選べないのでどうしようもないですね。ただ、楽天証券は少し特殊です。

というのも、楽天証券では楽天カードでクレジット払いを選択すると、購入額の1%が楽天スーパーポイントとして還元されるため、正直かなりおトクです。

しかし、カード払いにすると「毎月」しか選択できないようになります。

毎日積立でも、ハッピープログラムというサービスを利用すれば楽天スーパーポイントを貯めることができます。

いくつかの商品で運用することで、毎日積立+カード払いで毎月積立のポイント両取りも可能ですが、正直あまりおすすめしません。

ハッピープログラムを利用するには、マネーブリッジというサービスにも登録する必要があり、色々と手間が掛かります。(大した手間でもないんですが)

ポイントが貯まる仕組みも少し複雑なため、それなら最初かカード払いだけで購入分の1%だけ還元されるようにするほうが手間なく楽ちんです。

カード払いでは毎月積立しか選べないため、楽天証券では毎月をおすすめしたということです。

少しでもポイントを多く貯めたいなら、マネーブリッジとハッピープログラムを利用すれば良いですし、面倒ならカード払いだけにすれば良いと思います。

※2019年6月26日より、毎日積立によるポイントが獲得できるサービスが改定されるため、ほとんどメリットがなくなりました。

まとめ

長期投資では投資をするタイミングを計る意味はほとんどありません。

楽天ユーザーはポイント還元のメリットがある楽天証券を選ぶのがベストですが、そうでなければどの証券口座でどの積立方法を選んでも大丈夫です。

あとは、楽天証券で少しでも多くのポイントを取る設定をするかどうか…というところですね。

おしまい。


つみたてNISAの運用におすすめの商品を紹介しています。

【つみたてNISA】初心者にもおすすめの金融機関と商品を紹介します
つみたてNISAを始めてみたいとは思うものの、私は投資をしたこともないし、どの金融機関や...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする