【つみたてNISAとは?】初心者にもわかりやすくデメリットも解説します

この記事をご覧になっているのは、将来のために少しでも資産を増やしたいと思い、最近よく聞く「つみたてNISA」について知りたいからだと思います。

最初に言っておきますが、つみたてNISAは資産形成をするための非常に優れた制度です。もちろん、投資初心者でも問題ありません。

とはいえ、つみたてNISAって投資みたいやし、初心者がやっても損をするだけじゃ…と不安になりますよね。

そもそも、あたしゃ「つみたてNISAって何やねん」ってレベルだよ!という人もいるでしょう。

でも安心してください。

つみたてNISAについて何も知らなくても、投資をしたことがない人でも、つみたてNISAは始めるほうが良いですし、何も難しいことはありません。

また、初心者だからこそ、つみたてNISAをすることで損をせずに資産形成ができる可能性が高くなると言えます。

ここでは投資をしたことがない初心者にもなるべくわかりやすく、つみたてNISAについて解説していきます。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、長期投資を前提とした資産形成をするための、税金面で優遇された制度です。専用の口座を開設し、金融商品はその口座で管理されます。

本来、投資で得た利益には約20%の税金が掛かりますが、つみたてNISAでは非課税、つまりゼロになります。

この制度は2018年から2037年まで利用することができ、購入できる金融商品は金融庁が長期投資に相応しいと認めた投資信託・ETFのみです。

投資信託とETFは、いくつもの企業を集めた詰め合わせ商品のようなものです。

一つの商品でたくさんの企業へ投資ができるため、資金が少なくても分散投資が可能になる優れた商品と言えるでしょう。

つみたてNISAには「非課税枠」と「非課税期間」があり、それぞれ簡単に説明していきますね。

非課税枠と非課税期間

非課税枠は、その年に投資ができる上限額のことで、年間40万円となっています。ただし、一度使った非課税枠は再利用することはできません。

例えば、今年10万円で購入した投資信託を売却しても、今年の非課税枠は残り30万円のままです。

非課税枠が40万円に戻ることはありません。また、使い切らなかった非課税枠を、翌年に繰り越すこともできません。

非課税期間は、非課税で運用できる期間のことで、期間は20年となっています。

2018年に投資した分は、2037年まで非課税で運用することができ、いつ売却しても利益に税金は掛かりません。2037年に投資した分は、2056年まで非課税で運用することができます。

つみたてNISAは途中で売却して現金に変えることも可能なので、資産の流動性という点でも使い勝手は良いです。

ただし、損をしないためにもなるべくなら売却せずに長期運用ができるよう、資金管理はしっかりとしておきたいですね。

非課税期間終了後は?

非課税期間終了後には、売却するか通常の口座(特定口座)へ移行するかを選択します。と言っても、売却しなければ特定口座へ移されます。

特定口座は非課税ではないので、移行後に売却して利益が出ている場合は税金が掛かりますが、これはデメリットにはなりません。なぜなら、特定口座へ移行した場合、その時点での時価で移行されるからです。

例えば、非課税枠で購入した40万円分の投資信託が非課税期間終了時に100万円になっていた場合、特定口座ではその投資信託を100万円で購入したとみなされます。

その後に120万円まで値上がりして売却すれば、20万円に対して約20%の税金(約4万円)が掛かることになります。

40万円で購入して120万円で売却すれば(80万の利益)、それに掛かる税金は約16万円。

購入額売却額利益税金
40万120万80万16万
100万120万20万4万

このように、本来の購入額(40万円)で売却した場合は約16万円も取られる税金が、つみたてNISAで運用していたおかげで約4万円に抑えられます。

つみたてNISAから特定口座へ移行しても、つみたてNISAの非課税メリットの恩恵は変わらず受けられるということですね。

特定口座へ移行したら税金が発生するから損じゃないか…とはならないので、安心して運用を続けてください。だいぶ先の話ですけどね。

つみたてNISAで運用すれば、どれくらい利益が出る?

つみたてNISAを始めるべきか迷っている人のなかには、投資をしたところでどれくらいの利益を得ることができるのかと考える人もいるでしょう。

つみたてNISAで得られる利益を計算するのは、少し難しいところがあります。というのも、非課税期間は20年ですが、2037年に投資した分は2056年まで運用が続けられるからです。

単純に40万円を20年間運用するだけなら、利回りを仮定すれば簡単にシミュレーションできますが、つみたてNISAで実際に運用するのは約40年間になります。

さらに、途中で終了する非課税枠があるので、通常の計算でシミュレーションするのは難しいんですね。

なので、40万円を20年間運用、それを20年分合わせた金額で計算してみます。

まず、利回りですが、年率5%は十分に想定できるため、40万円を5%で20年間運用すると仮定します。

その場合、20年後には約106万円となり、2018年の非課税枠で投資した40万円は、2037年に106万円で売却できるということです。

同じく、2019年に投資した40万円は2038年に106万円、2037年に投資した40万円は2056年に106万円で売却したとします。

2037年から毎年106万円を売却すると、20年で合計2,160万円。非課税枠の元本は40万円の20年ですから合計800万円。

差し引き、約1,360万円がつみたてNISAで運用したときに得られる利益の合計となります。

ただし、これは毎年(毎月)同じ利回りが得られる前提で計算していますが、実際にはそんなことは有り得ません。場合によってはこれ以上の利益が出る可能性もありますし、逆もまたしかりです。

一応、現実的な利回りで運用すれば、おおよそこれくらいの利益は期待できますよという参考程度に考えてください。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAには、いくつかデメリットが挙げられることがあります。

しかし、個人的にはいずれも大したデメリットではないと感じますし、それ以上に何もしないことのほうがデメリットだと思いますね。

一般的に言われるデメリットと、それに対する見解を述べていきます。

元本割れのリスクがある

つみたてNISAは投資であり、未来は不確実である以上は絶対に元本割れしないとは言い切れません。

しかし、20年という長期的なスパンで投資を継続すれば、元本割れする可能性は限りなく低いと言えます。

当然、何に投資をしても良いというわけではありませんが、僕が推奨している商品なら恐らく大丈夫だろうという確信はあります。

その確信があるからこそ、僕はすぐにでもつみたてNISAを始めましょうと勧められるのです。

投資対象が限定される

つみたてNISAで購入できるのは、金融庁お墨付きの投資信託・ETFのみとなっています。

そのため、自由な投資ができないと捉える人もいますが、投資に興味のない人や投資初心者には全く問題ありません。

投資に興味があって自分で色々と調べたい人にとっては投資できる商品は豊富なほうが楽しいかもしれませんが、資産形成のための投資なら選ぶ商品は限られています。

選べる商品が多くあったところでどうせ選ぶ必要がないのだから、これはデメリットにはならないのです。

損益通算ができない

損益通算とは、利益の出ている口座と損失の出ている口座の損益を合算し、税負担を軽減する方法です。

と言われても意味がわからないと思いますが、別に理解する必要もありませんし、投資のパフォーマンスに影響するものではないです。

デメリットに挙げられて不安を感じる必要は全くありません。

損失に弱い

先ほど、非課税期間終了後に売却しても、利益があれば非課税の恩恵は受けられると解説しました。

逆に、20年後にもしマイナスになっていた場合、つみたてNISAは少しやっかいな制度となります。

というのも、特定口座へ移行した時点の株価が反映されるため、40万円で購入した投資信託が30万円になっていたら、購入価格は30万円となります。

その後に40万円に戻ったとしても、10万円の利益が出たとみなされるため、約2万円の税金が発生してしまいます。

購入時と同じ価格に戻っただけにもかかわらず、なぜか税金を納めて実質損をしてしまう…これがつみたてNISAの最大のデメリットと言えるかもしれません。

ただし、元本割れする可能性が限りなく低いと言っているように、20年しっかりと運用を続けていれば大丈夫だろう…と思いますね。

一応、制度上はデメリットには間違いないということです。

まとめ

つみたてNISAとは、要は「つみたてNISA口座を使って投資をする」だけのことです。

その口座を利用すれば運用益が非課税になるメリットがあり、少ない金額でもコツコツと続けていけば大きな資産となるため、将来の生活を豊かにすることができるでしょう。

やってみなければわからないことは多いと思いますし、投資もまずはやってみることが大事です。

最初のうちは投資額も少ないため、少しマイナスが出るとしてもたかが知れていますし、売らなければ損はしません。

僕がこのブログで紹介しているような方法で始めれば、後悔させるようなことにはならないと自信を持っています。

騙されたと思って(騙さないけど)、まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

おしまい。


【つみたてNISA】初心者にもおすすめの金融機関と商品を紹介します
つみたてNISAを始めてみたいとは思うものの、私は投資をしたこともないし、どの金融機関や...
つみたてNISAやiDeCoは今すぐ始めるべきなのか問題
金融庁が「老後の豊かな生活には年金以外に2,000万円が必要です」と発表し、一部では的外...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする