誰が得する?!ソフトバンクの新プラン【ウルトラギガモンスター+】

2018年9月より、softbankでウルトラギガモンスター+という新プランがスタートしました。

少し前に、データを使った分に応じて料金が変わる「おてがるプラン」が登場しましたが、今回の新プラン発表に伴い新規受付は終了したようです。

ソフトバンクが新プラン発表!が闇深い業界には変わりない…
ソフトバンクがライトユーザー向けに、データ使用量に応じて自動的に3段階の料金が適用される新...
スポンサーリンク

ウルトラギガモンスター+とは

今回の新しいプランは、データ容量が50GBと超大容量で、さらに対象サービスの利用には一切データ通信が消費されない(カウントフリー)システムとなっています。

YouTubeやLINE・インスタグラムにFacebookなど、利用者が多数いると思われるものが対象サービスとなっており、これらを基本的にデータ消費なしで利用でき、さらに50GBも使えるという…

ただでさえ50GBなんてそうそう使う容量でもないのに、これら以外で50GBとか使う人がどれだけいるねん。

データを消費するケースについては、softbankの公式サイトにも記載されているのでチェックしてください。(興味なし)

利用料金は?

ウルトラギガモンスター+の利用料金ですが、公式サイトには機種購入で月3,480円~と書かれています。

賢明な読者ならお気付きだと思いますが、この金額は携帯会社お得意のあらゆる割引が適用された場合の最安料金です。ウルトラギガモンスター+本来の月額料金は、5,980円です。

3,480円というのは、2年契約・1年おトク割・みんな家族割+(4人)・おうち割 光セットという割引が適用されての料金になります。

割引の内容は以下の通りです。

・1年おトク割…1,000円
・みんな家族割…家族一人につき500円(上限2,000円)
・おうち割 光セット…1,000円

ウルトラギガモンスター+本来の5,980円から、これら全ての割引を適用すると1,980円になりますが、softbankでは、必ず以下の通話プランを申し込む必要があります。

・基本プラン…1,200円
・5分以内の通話し放題…1,700円
・24時間通話し放題…2,700円

※2年契約時の料金。2年契約以外なら、料金が高くなります。

また、ウェブ使用料として300円が発生します。

つまり、通話プランとしては1500円・2000円・3000円のいずれかが必要となり、割引後の最安値(1,980円)と基本プラン(1,500円)で合計3,480円~となるわけですね。

2年目から料金アップ

1年おトク割はその名の通り1年のみ割引なので、2年目からは月額料金が1,000円アップします。はい、携帯会社のお約束です。

しかも、公式サイトの書き方では、1年おトク割が適用されるのは端末を購入した場合のみなのか、新プランに加入すれば誰でも適用されるのかがはっきり分かりません。(クソだわ)

また、みんな家族割+は2人なら500円、3人なら1,500円が割引なので、2人以下の契約だと割引率が低くなります。

おうち割 光セットは、自宅のネット回線をsoftbankで契約する必要があるので、割引対象外となる人も多いでしょう。

何の割引もなければ、基本プランとデータ通信料金で7,480円です。通話のオプション(かけ放題)を付ければ、さらに500円or1,500円アップとなります。

新たなプランでは、これまでのような端末代の割引サービスは無くなるようなので、端末を購入すればその割賦代金も月額料金に乗っかってきます。う~ん、全くお得感を感じない。

ミニモンスター

ウルトラギガモンスター+以外のデータ通信プランとして、これまでのGB数での契約やおてがるプランは廃止(既に契約済みの方はそのまま利用可能)され、新たにミニモンスターというプランが登場しています。

ミニモンスターは以前のおてがるプランと同様、データを使った分で料金が変わるシステムです。今後はウルトラギガモンスター+か、ミニモンスターのどちらかでしか契約できないようですね。

月額料金

ミニモンスターでの月額料金は以下の通り。

・1GBまで…2,480円
・2GBまで…4,480円
・5GBまで…5,980円
・5GB超…6,980円

※通話プラン・割引適用は含まない、純粋な月額料金です

これに通話基本プラン(1,500~3,000円)を加え、1年おトク割・おうち割 光セットなどの割引が適用された金額が支払う料金となります。

なお、こちらはみんな家族割の適用はされないようです。

50GBを月額5,980円で提供しておいて、この料金設定は正直ふざけてんのか…って思うのは僕だけでしょうか?

うっかり5GBをほんの僅かでも超えた場合、ウルトラギガモンスター+より高い料金になってしまいます。明らかに3GB以上使うようならウルトラギガモンスター+の方がお得ですよ…と誘導しようとする魂胆しか見えませんね。

誰が得する新プラン?!

仮に、スマホの利用頻度は少なく、通話プランは基本の1,500円・データはミニモンスターで毎月1GBでの料金で済む場合を、おうち割 光セットは適用外でシミュレーションしてみます。

新プラン加入者に1年おトク割が適用されるして、1年目のデータ使用料は1,480円。そこに基本プランの1,500円を加えて2,980円が月額料金になります。

これに通話料・端末保証のオプション(500円or650円)やその他オプション、端末代金が残っていれば端末代も加えたものが最終の支払金額です。

キャリアが約3,000円で利用できる?!と考えると一見安いですが、あくまでも1年目の料金。

2年目は問答無用で1,000円アップしますし、データ使用料が2GBになると一気に2,000円アップする鬼畜仕様です。

常に自分がどれだけデータを消費しているか、確認しながら過ごさなければなりませんね。(確認するのにもデータ消費するよね?)

ユーザー
2GBで2,000円もアップするのはいい気分じゃないし、3GB以上になるとウルトラギガモンスター+と同額…じゃあウルトラギガモンスター+で契約するのが一番コスパがええやん。

はい、これにて月額料金を最安にさせないsoftbankの作戦がズバリ的中です。

もうお分かりですね?

この新プランによって、一番得をするのは…

まとめ

相変わらず、キャリアの出すプランは〇〇割ありきの料金形態で分かりにくいです。

とにかく分かりづらくして思考を停止させようとするやり方をしている限り、僕はキャリアを良い様に書くことはないでしょう。

超ヘビーユーザーで月に50GBくらい平気で使うような人は、まぁ割安になるプランだとは思います。でも、そんな人はごく少数派。

だからこそ、こんなバカげた料金設定をしてくるんだと思います。全員が全員、月にそれくらい使えばsoftbankも焦るかも知れません。いや、それでも全然大丈夫かも…?

データ通信にかかる企業の費用があまりにも不透明ですからね。設備の維持費は一定掛かるとしても、通信量によってどれだけコストが上がるのかが全く分かりません。

面倒だから、よく分からないからとキャリアに搾取されても納得している人には何も言えませんが、通信費に不満を持っているなら一刻も早くMVNOへ乗り換える方が良いと思います。(MVNOについてちゃんと調べてからにしてください。)

ちなみに、僕は現在mineoで契約していますが、来月か再来月にLINEモバイルへ乗り換える予定です。乗り換えに必要な手数料等は発生しますが、シミュレーションではこのまま使い続けるより年間6,000円くらいは安くなります。

MVNO同士で単純に乗り換えるのはメリットがありませんが、キャンペーンを上手く利用して節約することもできますよ。

おしまい。

LINEモバイルで月額料金の大幅割引キャンペーン実施中。

mineoの特徴を解説しています。

mineoへ乗り換えたい人は読んでください
mineoは関西電力グループが運営するMVNOで、三大キャリア全ての回線を使うことができ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする