少額で楽しむには馬連が最適!…かもしれない

アイキャッチ競馬

競馬で勝つのがとても難しいのは、予想はもちろん馬券の買い方に大きく左右されることが挙げられます。

本命馬が好走しても、相手選びを間違えると単複以外なら馬券はハズレ。相手が来たと思ったら本命馬は行方不明など、悔しい思いを幾度となく経験されていると思います。

hide
私もその一人だ!

とくに、競馬は資金力のある人が圧倒的に有利なゲームなので、少額しか買えない人にとっては本当に厳しい。

僕は三連複をメインで買うことが多かったのですが、手を広げるのに抵抗がある性格なので、本命馬が好走しても相手が1頭抜けて悶絶することが多発しています。

かといって手広く抑えると1レースに使う資金が増えるので、本命馬の凡走が続くとダメージが大きくなります。まぁ相手を絞った結果ハズレが続いても、結局ダメージが積み重なるのは同じなんですけどね。

また、三連複を10点前後と同時に、対抗・三番手評価とした馬との馬連・ワイドを購入し、とにかくハマったときに大きく回収することを心掛けていました。

しかし、これも噛み合わないときは噛み合わないもので、本命と対抗・三番手評価のどちらかが同時好走することが少ない。あ、これは予想力の問題か(゜゜)

そんなこんなで、最近はあっという間に軍資金が減っていき、ここ2週間ほど三連複の購入は止めて、本命馬から相手数頭の馬連だけを買っていました。

スポンサーリンク

軍資金が少ないときの三連複は非効率

すると、これが意外と当たるんですな。

馬連なので大きな配当にはそれほど期待できませんが、20~40倍くらいの配当をコンスタントに的中し、これまで穴狙い一辺倒(のつもり)だった私の馬券観に大きな変化が生まれました。…生まれた気がしました。

そりゃあ勝つことだけにこだわるなら、超高額配当に期待できる三連系で攻めるのがもっとも効果的なのは間違いないです。

けど、的中率がそれほど高くない三連系で毎回2,000円~3,000円、それ以上を注ぎ込むのは多くの競馬ファンにとっては現実的ではない。

僕の場合、三連複のフォーメーションで1-3-10の24点くらいなら買い続けることはできないこともないですが、これだと平均配当が200倍なら的中率12%以上が必要になりますね。8回(投資19,200円)に1回的中させて、なんとかプラス(回収率104%)です。

的中率12%だと、5連敗する確率は約52%。10連敗する確率は約27%もあります。20連敗なら約7~8%ですが、これくらいは余裕で起こり得ると考えたほうがいいですね。

2,400円を20連敗すれば、マイナス48,000円ですよ。それ以上の連敗も現実的ですし、平均配当200倍の的中率12%を達成できるかどうかもわかりません。

そう考えると、三連複フォーメーションで20点以上を買うのは、僕のリスク許容度を超えている…という結論になります。

かといって点数を減らし、フォーメーション15点くらいにすれば的中率が下がるのは当然で、あと1頭2頭ケチらずに買っておけば良かった~ッ!なんてことが起こるのも競馬あるあるですよね。

そこは予想力でカバーするべきかもしれませんが、正直そこは運に左右される割合も大きいと思うんです。

僕を例に挙げると、馬券は外しまくっていますが、そこまでトンチンカンな予想をしているわけではないと思っています。

なぜなら、結果を残している(と思われる)予想家さんの予想がnetkeibaで確認できますが、狙いが被っていることも多々あるからです。予想家さんは違うレースで高配当を的中していますが、なぜか同じ予想になるときは当たらないわけです。

予想の方向性としては似たような感じやねんな~といつも思うんですが、三連系はとくにちょっとした運の差で結果が大きく変わる可能性があるのは間違いありません。

まぁ、それも本当に予想力が優れているなら、どこかで帳尻合わせができるんでしょうけどね。

馬連でコンスタントに的中を狙ってみる

ここ2週間ほど馬連を買っていましたが、本命党になったわけではありません。基本は1番人気が危険だと思うレース、もしくは1番人気は走りそうだけど2.3番人気は消えそうなレースを狙います。

今までは基本的に本命馬を人気薄から選んでいましたが、そこにもこだわらず連対以上に期待できそうな馬から本命馬を探してみることに。すると、必然的に人気馬が中心になってしまいます。

当然、2番人気を本命にした場合に1番人気との馬連を買うことはありませんし、その場合は相手に中穴を数頭チョイス。

これまで三連系を中心に考えていた私にとって、馬連を中心にしたことで新たな発見がありました。

それは、2着以内に来そうな中穴~人気薄を考える場合、競馬は前が有利という前提のもと、前に行きそうな馬だけに絞れば良いということ。

1~3着までをすべて先行馬が占める割合は、意外と多くありません。ハマったときは超高額配当にも期待できますが、的中率がどうなることやら…です。

それが1~2着なら先行馬で決まる可能性はグッと高くなるでしょう。

以前、先行馬だけで決まる確率みたいなデータを調べたことがあるんですが、そのデータが手元にない…ただ、直感的に1~3着より、1~2着だけのほうが高確率になるのは間違いないことはわかりますよね。

まぁ先行馬に絞るのは実践している人からすれば当然かもしれませんが、これまで三連系を中心にしてきた私にとっては予想を簡潔にできるメリットにもなります。

ここ2週間の本命馬を調べてみると、22頭中17頭が4角5番手以内。この17頭の複勝回収率は100%を超えています

相手は101頭だったので、1レースあたり約4.5頭選んでいることになります。

その101頭のうち、4角5番手以内だったのは45頭…意外と少ない。ですが、69頭(約7割)が4角で出走馬の1/2頭より前(16頭立てなら8番手以内)に位置しています。

その馬たちの複勝回収率は142%。先行しそうと思っても先行するかどうかわかりませんが、先行しそうな馬を選ぶと的中率・回収率ともに見込めることがわかります。

もちろん、たった2週間のことなので今後どうなるかは未知数ですけど。

万馬券は期待しにくい

馬連なので、三連複のように万馬券にはあまり期待できません。そのため、ハズレが続くと一回の的中で一気に取り返すのが難しくなるのが欠点とも言えます。

馬連は14倍以内の配当が出る確率が全体の約42%ありますが、ここは基本的に買うべきゾーンではないでしょう。(わかりやすく線引きしているだけであって、14倍は買わない、15倍なら買う…というわけではない)

15倍~49倍で約34%、51~99倍で約11%なので、基本的には出現率が高く見返りもあるこのゾーンが狙い目になります。100倍前半くらいまでは現実的な出現率になるので、人気馬がすべて怪しいレースなら狙うのも面白いですね。

これらのゾーンは、全体の買い目数も多いから出現率が高くなっている面もあります。なので、もちろんそう簡単には当たりませんよ。

とにかく、基本は人気馬が危ないと思うレースを買うので、人気馬で決まれば仕方ないと割り切るしかありません。

安定を求めるなら均等に払い戻される買い方をする

いざ馬券を買うときに、どの買い目にいくら買うかも迷うところです。

自分の予想を反映し、オッズに関係なく上位順に厚く張るか、オッズに合わせて張るか、どちらが正解ということはありません。

前者のメリットは予想がハマったときには大きく回収できることで、デメリットは下位評価した馬ばかりで決まると回収率が上がらないことです。

後者のメリットは的中さえすれば一定の払い出しがあるので安定感があり、デメリットは予想の楽しみが少し削がれるところでしょうか。

配当の低い目に厚く張るのは期待値的な観点からは無駄が多いという主張もありますが、正直この考えについてはあまりピンと来ません。

なぜなら、競馬の期待値は目に見えないので、配当の高低で一概に判断できないと思うからです。

まぁこのあたりは話がややこしいのでやめておきましょう。私もスロットの期待値については理解しているつもりですが、競馬の期待値については正直よくわかりません。

【資金配分】均等払い戻しは愚策?本線を厚く買うのが正しいのか?
ここ1ヶ月ほど、馬連をメインに馬券を購入するようになりましたが、今のところ上手く狙いがハマることが多く、良い結果に繋がっています。現在はどの買い目が的中しても同じように払い戻される「均等払い戻し」で資金配分をしています。例えば、1...

私は最初こそ評価順に金額を調整していましたが、見事に自分の評価があてにならないことに気付いたので、均等払い出しされるように買うようにしています。

問題は、売り上げが少ないレースだと購入時と最終オッズが大きく変わり、的中しても思ったより配当がないケースがあることです。

これが頻発すると、均等払い出しにならないのでできるだけ直前に買いたいのですが…外出しているとIPATから買わないといけないので、操作が面倒なんですよね~。

まとめ

僕はこれまで、競馬で勝つためにはハズレが続いても一貫した姿勢を継続するべきだと考え、自身でもそのようにしてきました。(実際はめっちゃブレブレやけど)

とくに三連系は的中率が低いので、勝てる予想でも連敗が続くことが当たり前のように起こります。そうなると勝てる予想なのかどうかもわかんないですよね。

そこを貫き通してこそ…かもしれませんが、下手すれば大負けする可能性も含んでいます。だったら、あまり固執しないこともまた重要なのかもしれません。

とはいえ、勝つためには危険な人気馬がいるレースを選ぶことは欠かせない。どのように馬券を買うかは、予算とリスク許容度に合わせて柔軟に対応するのが、長く競馬を楽しむためには大切でしょう。

hide
1ヶ月後には違うこと言ってるかもな!
https://xn--n8jr8c3bz579cbda294h.xn--tckwe/gamble-longthinking/

コメント