仮想通貨を勧める人の建前と本音

コインチェックがハッキングされ、580億円もの仮想通貨が流出した事件で気が気でなかった人は多かったのではないでしょうか。どうやら日本円での支払いで対応されるようで、最悪の事態は免れるようですね。

このブログではもともと仮想通貨による投機はおススメしていませんが、今回はすでに仮想通貨の取引をしている人が、周りに仮想通貨をおススメする意味について考えていきます。

スポンサーリンク

仮想通貨を勧める人の建前と本音

仮想通貨で人生を変えよう!!

など、2017年から市場が一気に過熱して周囲に仮想通貨を勧める人が増えてきました。その中には、自分のブログやSNSで発信されている方が多いでしょう。

そんな彼らが仮想通貨を勧める理由としては

「今なら誰でも儲けられる」

「やらなきゃ人生変わらない」

「今のままでいいんですか?」

「みんなに幸せになってほしい!!」

こんなところでしょう。

しかし儲かるチャンスを敢えて他人に教えるとか、なんて良心の塊のような人たちなんでしょうか。まさに現世に現れたメシア。イエス・タカス

…これが本音なら、ですけどね。僕はひねくれているので、これらは本音ではなく建前としか感じられません。

なぜなら仮想通貨で利益を上げる仕組みを知っていれば、みんなが幸せになるなんて不可能だからです。(中には仕組みを知らず、本当に心から人に勧めたいと思っているバカ人もいるかも知れませんが)

その理由を説明していきます。

仮想通貨で儲かる仕組み

仮想通貨で儲けるには、安く買って高く売ることが基本です。

では、そもそも仮想通貨の価格とはどのようにして決まっているのでしょうか。取引をしている人ならもちろんご存知ですよね?

もし知らずにやっているなら、今すぐ投機の世界から足を洗って真面目に会社の犬となってヨボヨボになるまでこき使われてください。(その方があなたの身のためです)

仮想通貨の価格

仮想通貨の価格は需要と供給で決まり、ざっくり言うと100円で売りたい人と100円で買いたい人が現れれば、その価格で取引が成立します。

逆に80円で買いたい人がいるけど、120円じゃないと売りたくないとなると取引が成立しません。それでも買いたければ価格は上昇するし、安くても売りたいとなれば価格は下落します。

80円でも買いたくないという人ばかりになれば、売るためにはそれ以下の価格で取引するしかありませんので欲しい人がいなければ価格はどんどん下落していきます。価格が上昇するときはその逆のことが起こっているわけです。

ビットコインの価格が200万円まで上昇したとき、買えば儲かると考えている人が多かったので高くても買いたい人が続出し、その価格になりました。しかし価格が上昇して利益を確定する人が増えてくると、買いたい人より売りたい人が増え始めるのでその後は価格が下落していきます。

そのバランスで価格が決まるのですが、株式などは企業の業績などからある程度の適正価格が割り出せますが、仮想通貨の適性価格ってどうやって計るのでしょうか?

適性価格は?

僕が知る限りでは仮想通貨に適正価格はなく、人々が何かのきっかけで仮想通貨なんて持つ必要がないと思えば、仮想通貨に価値はなくなります。

そもそも今でも価値があるのは仮想通貨ではなく、ブロックチェーンと言われていますからね。ブロックチェーンが分からない人は調べてください。むしろそれを知らずに取引しているなら今すぐ投機の世界から足を洗って…

そしてそのきっかけはいつどこで何が引き金になるかは分かりません。(引き金が引かれたときが、バブル崩壊です)

仮想通貨自体は何も生み出すことがないため、例え価格が1円になっても価値がなければ買う意味がありません。しかし株式の場合は企業が利益を生み出すため、業績に比べて株価が安ければその株を購入する価値があります。

仮想通貨で儲かる仕組み

仮想通貨で儲けるためには、自分が買った価格より高い価格にならなければなりません。

つまり仮想通貨が欲しい人がいなければ、利益を上げることができないのです。空売りといって価格が下落したときに利益を上げる方法がありますが、今回の問題の本質とは違うので省略します。

そして仮想通貨は「ゼロサムゲーム」という仕組みで、ゼロサムゲームとは参加者同士でお金のやり取りをした結果、その損益は±ゼロになるものです。儲かった人がいれば、その儲かった分と同じだけ損した人が「必ず」出現します。

これがマイナスサムになると参加者同士でお金のやり取りをした結果、その損益がマイナスなります。一般的にギャンブルと言われるパチンコや競馬・競輪などがそれにあたります。これらは参加者が賭けたお金の一部を利益として確保し、残ったお金を配分しているからです。(宝くじもマイナスサム)

ということで仮想通貨では一部の人は儲けることができますが、同じだけ損をする人がいるので全員が幸せになることは有り得ないのです。

自分が儲かって得た幸せは他の人の不幸の上に成り立っているわけですが、そんな方法で得た(偽りの)幸せを謳歌できるのでしょうか。

また儲かる人と損をする人の数が同じであるとも限りません。極論を言えば、一人がウン十億を儲けて他の人全員が損をする可能性だってあるのです。(現実的ではないですが)

仮想通貨を勧める人の本音

仮想通貨の利益が出る仕組みが分かったところで、仮想通貨を勧める人の本音に迫ってみたいと思いますが、この一言に尽きます。

それは…

自分が儲けるため

です。

仮想通貨で儲けるには仮想通貨を欲しいと思う人が現れて、価格を上げてもらわなければなりません。そのためには仮想通貨は儲かるものだと思わせて、新たに市場へ参入する人を増やす必要があります。

そうすることで後発の参入者は高い価格で仮想通貨を掴むことになり、それ以前の安い価格で購入していた偽善者の餌食となります。

そして新たに参入する人がいなくなり、それ以上仮想通貨を欲しがる人がいなくなれば…

その価格は暴落し、最後に高値を掴んだ人たちが電車に飛び込むことになってしまいます。その裏では新たな参入者に高値で売りつけた人が私腹を肥やしています。

だってそれが仮想通貨の仕組みだから

断っておきますが、仮想通貨そのものが悪いのではありません。多くの人は仮想通貨にどれだけの価値があるのかも分かっていないのに、私利私欲に走って無謀な投機をしていることが愚かなのです。

投機を憎んで仮想通貨を憎まず…です。(違うか)

仕組みで言うと、パチンコや競馬などで勝っている人も負けている人のお金を奪っていることになりますが、仮想通過は値動きが激しく、その金額もパチンコなど非ではないことが問題です。

仮想通貨を勧める人は恐ろしい

ここまでで仮想通貨を勧める人の恐ろしさは十分伝わると思いますが、実はこれ以外にも仮想通貨を勧める人には狙いがあります。

それは…

自分の紹介したリンクから口座を作ってもらい、報酬を手に入れる

いわゆるアフィリエイトです。

ただアフィリエイト自体も悪いものではありません。その紹介するものが利用者にとって有益なものなら紹介してくれたお礼として支払われるのは何も問題ないでしょう。(お礼を支払うのは本人ではないですが)

投機を憎んでアフィリエイトを憎まず…です。(違うか)

しかし先ほども言ったように、仮想通貨の取引ではほとんどの人は幸せにはなれません。仮に仮想通貨で一儲けできたとしても、それは運が良かっただけです。

そんな人は、今後もなにか投機対象ができれば自分には投資の才能があると勘違いして手を出し、そして焼かれます。短時間で大儲けできるチャンスを体感した人が、その後は大人しくしているとは僕には思えませんからね。

現在は仮想通貨の取引所も手数料で大儲けできるチャンスなので、報酬も高いです。口座登録するだけで数千円とかですよ。一定以上の取引をすればさらに高い報酬があったりするかも知れません。

僕のような弱小ブロガーが紹介しても大して報酬は得られませんが、影響力のある人がブログ等で紹介すれば瞬く間に登録者は増えていくでしょう。そうすると、そのブログの運営者は仮想通貨の価格上昇を目論むばかりか、自分は紹介報酬だけでウン十万円を懐に忍ばせることになります。

そしてその人に影響を受け仮想通貨を始めたものの大損こいたところで、勧めてくれた人は一切責任を取ってくれません。彼らは「投資は自己責任」という最強の盾を持っていますから。

このように、仮想通貨を勧める人にはとにかく参入者が増えれば増えるほど「自分が儲かる」仕組みになっているのです。これって多くの人が嫌がる何かに似ていますよね?

そう、ねずみ講です。現在の投機対象となっている仮想通貨は、ねずみ講と言ってもあながち間違いではないと僕は思っています。

関西の深夜番組で、芸人のたむらけんじと漫画家の江川達也がこのようなやりとりをしていたそうです。

エ「なんで仮想通貨勧めるの?」

た「み、みんなに幸せになってもらいからです」

エ「違うでしょ、自分が儲かるからでしょ!!」

エ「自分の資産を安定させるために、みんなの資金を入れたいんでしょ!!

番組内でカシコ(賢い人)として君臨している江川先生の、核心をついた一言をどれだけの人が理解できるでしょうか。

仮想通貨流出の問題

やばいよやばいよでお馴染みの出川哲郎がCMに出演しているコインチェックで、仮想通貨が流出する事件が起こりました。

これはコインチェックという取引所のセキュリティが余りにも杜撰だったために起こった事件で、仮想通貨そのものにセキュリティの問題があるわけではありません。以前にも同じような事件があったものの、さすがにこの事件を最初から想定しておけというのは難しいとは思います。

取引所のセキュリティを厳重にすることはその企業が責任を持って行うべきことで、前例がある時点でさすがに対策はしていると思うでしょうしね。

この事件の問題は、時間や技術者が足りずにそこまで対策ができていなかったにもかかわらず先走って営業していたことだと思います。

信用が全てと言っても過言ではない仮想通貨で、流出する危険性がある状況で営業をした責任は非常に重いです。自己資金で保証したから済むレベルではないと個人的には思いますね。

元はと言えば、仮想通貨の流行に乗っかって利益を出したいという私欲が発端です。利益を求めるのは企業として当然ですが、順番が違うだろうと。

今後も出直したいと言っているようですが、それ自体は企業の勝手ですからどうでもいいです。しかしコインチェックを利用していた人たちが、これからも引き続きここで取引を行うとしたら僕は開いた口が塞がらなくなるでしょう。

現状ではどの取引所でもハッキングされる可能性を残しているにもかかわらず、そこに自分の大切な資産を預けるなんて僕には恐ろしくてできません。私欲のために顧客の安全を蔑ろにし、それでも私欲のために仮想通貨の取引を続ける人たちが溢れるような世の中じゃ日本はお先真っ暗です。(すでに真っ暗か)

まとめ

仮想通貨を勧める人の建前→みんなで人生変えて幸せになろう!!

仮想通貨を勧める人の本音→儂がぼろ儲けじゃ~!!

おしまい。

仮想通貨で儲けてもその後の人生は…

仮想通貨で大儲けした人の末路(妄想)
みなさん、元気に仮想通貨買っていますか? 僕は一銭たりとも買っていません。2017年も残すところあと僅かですが、いつからかビットコイン...

日本人はお金について学ぶ必要があると思います。

不滅の名著「バビロンの大富豪」を読んで。日本人はみな読むべきだと思う。
「バビロンの大富豪 」 あるところ(どこ?)では非常に有名な一冊です。 お金に関する知識を得るために色々と調べていると必...

無限の欲に溺れる人は幸せになれそうもありません。

「世界で最も貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉」を読んで。五体満足って素晴らしい。
毎日忙しい日々を送っている皆さん、ごきげんよう。 僕はここ数年、忙しい日々とは無縁の生活を過ごしています。日本では真面目に働き、豊かな...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする