ウェルスナビで運用するかを検討しています

このブログでは、米国株の配当再投資戦略が将来へ向けた資産形成の最適解であることをお伝えしています。

しかし、米国株投資はあまりメジャーではなく、投資経験が少ない人ほど手を出しづらいものだと思います。

それを解決してくれる投資ロボアドバイザー・ウェルスナビのサービスが、最近話題になっていますね。(なっているのか?)

スポンサーリンク

ウェルスナビとは

ウェルスナビは、自分に代わってあらゆる投資の手続きを自動で行ってくれるサービスです。

その特徴を簡単に説明しますと

  • 世界水準の金融アルゴリズムで取引を行う
  • 自身のリスク許容度によって資産配分を自動で行う
  • 国際分散投資(約50か国11000銘柄以上)が可能
  • ポートフォリオの自動リバランス
  • デタックス(自動税金最適化)により、高い複利効果に期待出来る
  • 費用は年率1%の手数料のみ

このようなものです。

投資ロボが自動で運用してくれるので、人間の感情に左右されず最適な取引を行えます。

〇〇ショックなどが起こった場合こそリターンを押し上げる最大のポイントになるにも関わらず、個人投資家の中には不安に駆られ、慌てて保有株を売ってしまう人がいます。

また、保有銘柄の一部が値上がり・値下がりし、ポートフォリオのバランスが崩れた際はリバランスを行ってリスク管理をすることも重要ですが、自分でやるには手間がかかりますね。

売買益や配当金の税金も、損出しすることで先送りすることが出来ますが、それも自分でやるには手間です。

これらの手間を省き、淡々と自身のリスク許容度に合わせた運用をしてくれるのがウェルスナビです。

年率1%の手数料が必要ですが、あらゆる手間を考えるとそう高いものでもないと思います。

少し前までは、最低100万円を口座に入れておかなければなりませんでしたが、いつの間にか30万円へと引き下げられていました。

これによって、投資初心者にもウェルスナビを利用するハードルがグッと下がりました。

リスク許容度を判定

ウェルスナビでは、トップページから自身のリスク許容度を無料で診断することが出来ます。

質問は全部で6つ。

これに答えるだけで、自分がどれくらいリスクを許容しているのかの目安が分かります。

  1. 年代
  2. 年収
  3. 金融資産
  4. 毎月の積立額
  5. 運用目的
  6. 株価の大幅な下落時の対応

全ての質問に答えた結果、僕のリスク許容度は5/5でした。リスク許容度は1~5段階で、5が最もリスクを取ることになります。

元金300万円(この設定額は謎)と、毎月の積立3万円を30年(合計300万円+1080万円)、リスク許容度5のポートフォリオで運用した結果。

30年後には70%の確率で2410万円以上30%の確率で4600万円以上になると予測しています。

米国株では、17年以上保有していればリターンがマイナスにならないというデータがあり、リスク許容度5であれば以下のように米国株の割合が最も大きくなります。

米国株の割合が多い分、30年の長期投資であればリターンがプラスになる可能性は非常に高く、マイナスになる可能性は限りなく低くなります。

短期的には大きく値下がりするリスクがありますが、長期的に見るとリスク許容度が高い方がプラスになる可能性も高いという不思議な現象が起こります。

今後そのようなリターンが期待できるかの保証はないだろうと思う人もいるでしょうし、もちろんそれを否定することは出来ません。

ですが、もし米国株が長期的に低迷すれば安い株価で購入出来るので、配当利回りの上昇が期待出来るし、その場合は米国債や金が値上がりする可能性が高く、分散投資の効果が発揮されます。

どちらにせよ、長期的に投資出来るのであれば、リスク許容度は高く設定する方が期待出来ると僕は思っています。

手数料1%の影響は?

個別株にしても、投資信託にしても、手数料がパフォーマンスに与える影響は大きいと言われます。しかし、実際投資をしていてもその影響がどれほどあるのかが正直実感しにくいです。

そこで、元金300万円・毎月の積立3万円・年利4%で30年間運用した場合の、手数料のあるなしを比べてみました。

先に言っておきますが、僕は数学どころか算数がとても苦手なので、計算式が正しいかどうかが分かりませんので正確な数値かどうかも不明です!!

とりあえず、手数料なしで30年間運用した結果は約2950万円となります。(よね?)

1%の手数料があった場合、1年目は元金300万円に年間36万円が積み立てられ336万円に。

これが4%成長して349.44万円になり、その1%(3.4944万円)が手数料として徴収されます。

徴収された345.9456円に2年目の積立額36万円を足し、4%成長した額から手数料1%を引く…を30年間繰り返した結果・・・

30年後の資産は約2400万円となり、手数料なしと比べて550万円も少なくなりました!!

手数料分だけで合計約370万、その分元金が減ったことによる複利効果の減少が約180万円となる…ということでよろしいのか?

合っているのかどうか分かりませんが、金額だけ思った以上に見ると結構な影響があるなぁと言う感じです。

単純に考えれば4%の成長から1%引かれて、3%で成長しているということですもんね。

わざわざややこしく計算する必要なかったのか。笑

こいつこんな計算もできないでバカなの?って思われた方もいるでしょうが、否定しません。(できません)

本当に数学とか計算は苦手なんです。でも、こんな僕でも米国株で配当再投資していれば資産が増やせるんです。

やはり米国株の配当再投資というのは、その本質を理解すれば誰でも出来るやり方なんですよね。

リスク許容度が低いと手数料負けしないのか?

単純に考えるとウェルスナビで運用しても、年間パフォーマンスが1%を超えてくれなければ手数料負けすることになります。

ならばリスク許容度が最も低い、リスク許容度1の場合では下手すれば手数料負けするのでは…とふと思ってしまいました。

そこで、色々調べていると(すぐ見つかりましたが)、SBI証券のホームページに、リスク許容度ごとの運用利回りの結果が掲載されていました。

上段がドル建て・下段が円建ての運用結果(期間は2016年1月~2017年7月)です。

最もリスク許容度が低いポートフォリオで運用しても、現状は5%以上の利回りを実現しているようです。

もちろん、こんな短期間の結果で今後も安心とは言い切れませんが、手数料負けに関しては気にすることはないのかな…という感じですね。

諸々の手間を考えると、やはりウェルスナビの手数料1%は妥当なラインと言えそうです。

まとめ

自分で運用して高利回りを達成出来る人であれば、手数料を支払ってウェルスナビを利用する必要はないでしょう。

しかし、投資初心者や時間の節約としてウェルスナビに運用を任せるのも全く問題ないと思います。

ウェルスナビの収益は手数料のみとなりますから、全体の運用額が増えるほど収益が上がる仕組みです。

なので運用に対しても本気で取り組んでいることが窺えますし、運用額が増える or ライバル会社との競合によって手数料が下がる可能性もあるでしょう。

そうなると、いよいよウェルスナビを始めとするロボアドバイザーによる投資が主流になっていくかも知れません。

僕は現状、個別株で運用しているのである程度まとまった金額を用意しないと手数料負けしてしまいます。

これまでは毎月用意出来ていたのですが、最近収入が減っているので毎月買い増すことが難しい状況。

それならウェルスナビで少しずつ積み立てていくのもアリかなぁと、本気で考えている次第でございます。(自分で取引するのが面倒とは言っていない)

色々考えてみたものの、記事を書いてもまだ結論は出ていないので、今後ウェルスナビを利用することがあればまた報告しようと思います。

ウェルスナビの申込はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする