【2020】優駿牝馬の予想

アイキャッチ競馬

【2020】優駿牝馬の予想です。

今年は桜花賞馬デアリングタクトが圧倒的な人気になっていますが、はたして二冠達成となるのか、はたまた新星が現るのか、もしくは逆襲となるのか。

色々と見所があって楽しみです!

スポンサーリンク

優駿牝馬の予想

まずは人気のデアリングタクトについて。

その実力はここまでのレース振りを見れば一目瞭然ですが、競馬は強い馬が勝つとは限らない。こじつけと言われようと、粗を探していきますよ。

まず、1つ目の不安要素は初の関東遠征ですね。

最近はG1だとJRAのHPで調教後の馬体重が見れることを知り、ちょくちょく確認はしているんですけど、デアリングタクトは前走からマイナス4kgと発表されています。

ここから遠征するとさらに減る可能性もあり、そうなると前走の疲れが残って馬体が回復していないと考えることができます。逆に究極の仕上げとも考えられますが…

前走からマイナス体重での出走となると、デビュー後で初めてですね。成長段階の3歳春で大幅に体重を減らしてくると、やや体調面での心配があります。

2つ目の不安要素は鞍上の松山弘平。彼が下手かどうかということではなく、大舞台で圧倒的人気を背負うのが初めてになるので、冷静な騎乗ができるかどうかです。

桜花賞ではレシステンシアを格好の標的とできましたが、今回は逆に全員からマークを受ける立場。内枠はロスなく運べる反面、人気だと動くに動けないリスクも抱えます。

エルフィンS・桜花賞ともに後方から大外を回るレース運びをしたことで、これが内枠で外が伸びない…というより内が良い馬場状態でどうするのか。

アーモンドアイのようにあっさり好位につけて折り合えるならいいけど、エピファネイア産駒にそれを求めるのはどうなん?

3つ目の不安要素は管理する杉山春紀。まだ開業5年目の若手でもあり、これだけの馬を管理するのはプレッシャーになるはず。ましてや、無敗で二冠を目指すともなれば、無意識で肩に力が入ってしまうのも仕方ない。

能力面・適性面からは何ら問題はないと思われるので、こういった見えない不安要素とオッズと比較して、冷静に予想をしていきたいですね。

推定2番人気はクラヴァシュドール。

実際には3番人気が濃厚になりそうですが、前走は明らかな不利があり、まともなら3着には届いていたでしょう。

自力ではデアリングタクトに敵いませんが、内枠で自在性のある立ち回り力を活かせば、もしかしたら…という期待はできますね。

推定3番人気はデゼル。

新馬戦は進路を探りつつも、スペースができるとほぼ持ったままで楽勝。前走も大外から1頭だけ次元の違う末脚で楽勝。

下した相手も決して弱いわけではないので、別路線組でデアリングタクトを上回れる可能性があるとすればこの馬という評価になるのも納得。

キャリアの浅い馬が一気の相手強化でどうかというところがポイントですが、前走がフルゲートで速い流れに対応しており、まぁそこまで心配する必要はないかなと。

ただ、後方からの競馬しかしていないことはやはりマイナスですね。最内枠でどう乗るのか。最近は明らかに過剰人気になっているレーン騎手の腕の見せ所です。(レーンが下手と言っているわけではなく、レーンが乗るだけで人気になりすぎということね)

推定4番人気はミヤマザクラ。

早くからオークスを意識しているであろうローテーションですが、高速馬場の東京で…というイメージがわかない。

ここ2戦で手綱を取った福永騎手が別の馬を選んでいる点からも、ここは一枚劣るのかなと思いますね。逃げるスマイルカナの2番手追走で後続を大きく引き離し、4角先頭から粘りこむ!というケースならワンチャンありそうです。

推定5番人気はホウオウピースフル。

ちょっとこの馬が桜花賞組より人気になるのは違和感しかないですね。桜花賞組は勝負付けが済んでいると思われているのかもしれませんが、今年の桜花賞は馬場が特殊だったので、着順は基本ノーカウントとしてもいいくらい。

別路線組は、相応の高いパフォーマンスを見せていないと厳しんじゃないかな~と思います。

ということで、このレース本命はクラヴァシュドールでいきます。実はチューリップ賞・桜花賞に続いての3連続本命。

ちょっと勝ち切れないながらも常に上位争いができる基礎能力の高さに加え、今回は内枠で好位につけて前も後ろも見ながら進められる絶好枠。

チューリップ賞・桜花賞と体重を減らしていたところから、今回は調教後の発表で前走からプラス18㎏と体調も上がっていそうなところも好材料です。

圧倒的1番人気の差し馬ハープスターを抑え込んだヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒。ここでやらなきゃいつやるの!?

さて、相手は今の馬場なら内・前を中心に狙うのが王道ではありますが、この舞台は3歳牝馬にとってはタフで過酷な舞台!…と言われます。

いくら馬場的には内・前が有利であろうと、前に行った馬が「こ、こんなの初めて~!」と思うくらいキツいコースなら、そのアドバンテージもなくなるというもの。

なので、このレースに関してはしっかりとした末脚を使える馬を中心に考えたい。

相手候補に考えているのは、デアリングタクトはもちろん、内からリアアメリア・リリーピュアハート・マジックキャッスル・サンクテュエールのディープ勢。

とくに、リアアメリアは状態がまともなら勝ち負けしてもおかしくないポテンシャルは秘めているはずで、ここで復活できなければ今後立ち直る場があるかどうか怪しくなってきますね。

デゼルは人気を考えるとちょっと買うリスクが高いかなという気がします。とはいえ、この馬が好走しても何ら不思議はありません。

優駿牝馬の印

◎ クラヴァシュドール
〇 デアリングタクト
△ 6.11.12.18

馬券は三連複◎〇の2頭軸流しと、デアリングタクトが来ないときのために◎ー△の馬連を抑えておきます。

デアリングタクトが大幅に体重を減らしてくると、もしかしたら三連複は買わないかも。

あなたの本命馬は?

【2020】優駿牝馬の本命馬は?

コメント